妊娠中の便秘の原因と対策は、現在妊娠している方も、

これから妊娠する可能性がある方もしっかり学んでおきたいものです。

妊娠をすると、ホルモンバランスが崩れたり、

つわりなどで食生活が変わったり、ストレスを受けやすくなります。

さらに、妊娠の中期に入ると、子宮が大きくなってくるために

腸が圧迫されて、機能が低下してしまいます。

また、体調によっては運動不足になってしまうこともあり、

腹筋力が低下したり、腸の活動が低下します。

つまり、妊婦さんと言うのは、便秘を引き起こす、

あらゆる原因を抱えているということなのです。

便秘薬は刺激が強く、腸の運動も無理に活性化させるので、

妊娠中には服用しないのが一番です。

産婦人科に相談すれば、刺激の弱い便秘薬を処方してくれますが、

出来るだけ自然に改善するのが理想です。

妊娠中の便秘には、まず食物繊維の摂取が必須です。

発酵食品、野菜、果物など、食物繊維を含んでいるものを積極的に食べましょう。

他にも、オリゴ糖やサプリメントを併用するのもおすすめです。

また、体調が良い方は、毎日ゆっくりでいいので散歩をするように心がけてください。

体を動かすことで腸が刺激されるので、便秘の改善に繋がります。

ただし、腹筋運動などは子宮に刺激を与えるので、

あくまでも軽い運動で子宮に負担をかけないようにしましょう。

安定期で、お腹が苦しくないという場合には、お腹を優しくマッサージするのもいいですね。

おへそからのの字を書くように、圧迫しないようにマッサージしてみましょう。

なでるようにさするだけでも、腸に刺激を与えられますし

お腹が温まるので便秘の改善には効果的です。