便秘にならないためには腸内に善玉菌を増やすことが大切になります。

善玉菌にもたくさんの種類がありますが、一番良く知られているのが、乳酸菌やビフィズス菌でしょう。

ヨーグルトのコマーシャルでもよく見かける名前ですし、当然ヨーグルトにたっぷり含まれているので善玉菌を増やすにはヨーグルト食べるのは一番お手軽です。

ただし、一般的なヨーグルトに含まれる善玉菌は、そのほとんどが胃酸などによって死滅してしまい腸に届くのはほんのわずかでしかありません。

では、死んだ乳酸菌は役に立たないかというと、専門家の方の話によると腸に届いて善玉菌の餌となり役に立っているそうです。

ですが、腸まで乳酸菌が届いていないので、いくらヨーグルト毎日食べていても便秘が改善されないという方が多いのも、こう言った事が原因の一つかもしれません。

そんな方は、ヨーグルトだけに頼らないでほかの食べ物から摂取するのもいいかもしれません。

善玉菌はヨーグルトだけではなく発酵食品にも豊富に含まれています。中でも、日本人に馴染み深い醤油、味噌、納豆、ぬか漬けには良質な乳酸菌や酵母菌がたっぷり入っています。

こういった食品なら、特別意識をしなくても毎日手軽に食べることが出来るので、1日1回はお味噌汁を食べたり、朝は納豆ご飯というように習慣づけてしまうといいですね。

またチーズも豊富に乳酸菌を含んでいます。洋食を食べるときは、チーズを取り入れるようにするのがオススメです。

さらに善玉菌を増やすには、善玉菌の餌を摂取するのも有効です。先ほど、乳酸菌が胃酸によって死滅し腸で善玉菌にエサになると言う話をしましたが、そのほかにも善玉菌の餌となる食品があります。

オリゴ糖や乳糖で、最近は飲み物や料理に混ぜて使えるオリゴ糖が有名です。多くのメーカから発売されていますから、こういった健康補助食品を利用してみるといいでしょう。

また、牛乳にはラクトースという乳糖が含まれていて、これも善玉菌の餌になるので増殖させる効果が期待できます。牛乳は手軽に手に入りますから、毎日200ml飲むようにしましょう

そして食物繊維を摂取すると、腸内細菌によって分解されて有機酸が生成されるので腸内環境を善玉菌が住みやすい酸性にすることができます。

腸内が酸性に傾くと悪玉菌が住みにくい状態になるので、悪玉菌が減少して善玉菌が繁殖しやすくなります。

食物繊維はこんにゃくやごぼう、レンコンなどの根野菜、果物、海藻類などに豊富に含まれるので、発酵食品と併せて摂るようにするとさらに効率よく善玉菌を増やすことが出来るでしょう。