赤ちゃんの便秘の原因と対策を知っておくということは、

子育てをするママにとっては必須のことです。

赤ちゃんと言うと、よく寝て、たくさんミルクを飲んで、たっぷりうんちをする、

と言うイメージがあるかもしれません。

だけど、大人と同じように赤ちゃんでも便秘をすることがあります。

赤ちゃんの便秘の原因は、主に水分が不足していること、

ミルクなど食事量が少ないことになります。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、大人の3倍以上も汗をかきます。

そのため、たくさんの水分が必要なのですが、

自分から「飲みたい」と言えないので、水分が不足しがちになります。

また、ミルクをあまり飲まない、離乳食を始めたけど食べない、

という場合、食物繊維が不足します。

水分や食物繊維が不足すると、便が硬くなって腸を通過しにくくなりますし、

便の嵩も少なくなるので便秘になってしまうのです。

それに、腹筋力がないので、便を押し出す力がないのも便秘の原因になります。

でも、赤ちゃんが便秘になったからといって、便秘薬を飲ませるわけにはいきません。

ですから、自然な状態で便が出るようにしてあげましょう。

まずは、水分をたっぷり与えて、

出来れば離乳食などでも食物繊維が豊富なものをあげるようにしてください。

また、たくさん運動をすると、腹筋を使うので、ハイハイをさせたり公園に連れて行って体を動かすようにしましょう。

そして、大人と同じようにマッサージをするのも効果的なので、

優しくお腹を時計回りにマッサージするのもおすすめです。

赤ちゃんだって便秘をしたら苦しいので、便の出をしっかりチェックして、便秘を改善してあげましょう。