お肉などを柔らかくしたり、素材のうま味を引き出す調味料として近年人気になった塩麹。その後、塩麹が発酵食品であることから、私たち人間の体の中で良い働きをしてくれることが知られるようになりました。

その一つに、便秘で悩んでいる方におススメの働きがあるのです。塩麹は、塩と麹を入れて約10日間ほど寝かせて発酵させたもの。それによって出来るのが乳酸菌で、その乳酸菌が腸内で善玉菌を増やし、その結果便秘解消効果に期待が出来るのです。塩麹はスーパーなどで販売されています。

効果的な食べ方

塩麹に含まれている乳酸菌や酵素は50℃位の熱によって失われてしまいます。ですので、例えばお肉や魚を焼く時の下味で塩麹を使う場合は、お肉を漬けるときと、最後に味付けの時にかけて食べる時の二度に分けて使いましょう。

また、一緒に食べるおかずは食物繊維が豊富な野菜などと一緒に食べるとより便秘解消に効果的です。オススメは、枝豆やインゲン。茹でた枝豆を豆だけ取り出して塩麹と混ぜる。インゲンを茹でて塩麹と和えるなど、とっても簡単なので実践してみてくださいね。