医師専用コミュニティサイトMedPeerに登録しているドクター500人に年末年始に是非とりたいお取り寄せできる健康食材をアンケートをとり健康食材を紹介していました。その選ばれた食材が、便秘解消にもオススメの食材なので紹介します。

長寿県と言えば長野県。その長野県の中でも、さらに長寿の里が長野県佐久地方。平均寿命が男性は81,7才、女性はなんと88才と長寿なんだそうです。

そんな佐久地方から選ばれた健康食材は、女性が気になる美肌の効果や肥満を予防するのに役立つ大きなお豆「花豆」。

正式な名前はベニバナインゲン。11月に収穫してサヤを乾燥させ、12月に出荷します。

その花豆に含まれている栄養素ですが、ビタミンB1、ビタミンB2が豊富なので糖質や脂質をエネルギーに変えて消費するのを助けてくれる働きをします。カルシウムや鉄分が豊富で、特に女性が不足しがちな鉄分はほうれん草の3倍も含まれています。

さらに、食物繊維が豊富なので腸内環境を整える働きもしてくれて、豆の代表である大豆よりもカロリーや脂質が低いのです。

それだけではありません!さらに、アントシアニンと言うポリフェノールが豊富に含まれているので抗酸化作用があり老化予防に役立ちます。

美味しい食べ方

佐久地方では、花豆を甘く煮たり、お赤飯を炊く時のように小豆の代わりに花豆を使っておこわを炊いています、

また、若い世代の人は花豆をトマトスープに入れてミネステローネ風にして食べたりしていますが、トマト味が花豆ととっても相性がいいそうです。豆なので、甘くお菓子にして食べると豊富に栄養分を補給できるそうです。

ですが、花豆のようなインゲンを食べる時は、芯を残すと、まれに食中毒の原因になることもあるそうです。花豆は水に数時間浸して芯を取って煮る事が大切。煮た時のアクもしっかり良く取りましょう。

また、食物繊維が豊富なので食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまう場合があるので食べ過ぎないようにしましょう。

【参考情報】沖縄県のダイエット宅配食ならコレだ