ヨーグルトには腸内環境を良くして便秘解消に役立つ乳酸菌が豊富に含まれています。

ですが、TVでも活躍されている大竹真一郎ドクターお話によると、便秘解消を目指すには1日300gのヨーグルトを2週間食べて様子を見るのが理想なんだそうです。

ですが、毎日300gと言うとコンビニなどで販売しているカップに入ったヨーグルト3個になります。これだけのヨーグルトを毎日食べるのは難しい。

そこで、大竹先生がオススメなのが、ドライフルーツをヨーグルトに入れて食べる「乾物ヨーグルト」。

腸を活性化するには食物繊維も必要になります。ドライフルーツをいれる事で食物繊維とビタミンも一緒に摂ることができるんです。

作り方は、ドライフルーツを小さくカットして、その上にヨーグルトをかけて冷蔵庫で8時間寝かせれば完成です!

ヨーグルトの水分でドライフルーツが戻り美味しくいただけるそうです。

干し柿、マンゴー、レーズン、パパイヤ、パイナップルなど、今は豊富な品数のドライフルーツが販売されています。

また、味に飽きてきたら、切干大根を使いヨーグルトで戻して、マヨネーズ、オリーブオイルなど入れたサラダを作って食べても美味しいです。

また、ヨーグルトの容器の一番上にある水は「ホエイ」。中にはタンパク質、ミネラル、ビタミンが含まれているので捨てないで、ヨーグルトとかきまぜて一緒に食べましょう。