近年、便秘を無理なく改善してくれるお茶として注目されている便秘茶ですがどんな種類のお茶があるのでしょうか。

便秘茶は、お茶の葉の中に入っている成分が腸の状態を整える働きがあり効果に期待できるお茶の事です。便秘の人に効果的なお茶を調べてみました。

便秘に効果的な成分が入ったお茶をバランス良く飲もう

近年注目されている便秘茶ですが、お茶は昔から日本人が親しんで飲んできた飲み物です。

では、お茶の葉の中に入っている成分が腸の環境に働く便秘茶と言われるものにはどんな種類のお茶があるのでしょうか。便秘の人に効果的なお茶と飲み物を調べてみました。

緑茶、杜仲茶、ウーロン茶、プ-アル茶、マテ茶、ローズヒップティー、ハイビスカスティーなどがよく知られています。その植物に含まれる成分を飲むことで便通をよくするものです。

近年は、効果においしさもにもこだわりつくられているお茶が多くなってきたのが特徴。

しかし、はじまりは、中国で植物が含んでいる成分の薬効成分を抽出して飲むという習慣が広まったのがはじまりのようです。それから、日本やこヨーロッパでも研究がはじまりハーブーティなど、世界中で多くの方が飲むようになりました。

お茶に含まれるカテキンは、腸の状態を整える働きがあり便秘に効果的と言われています。ビタミンの含まれているお茶であれば、さらなる効果を発揮してくれることでしょう。日本で飲まれている緑茶にはビタミンCが沢山入っています。

マグネシウムや食物繊維が入ったお茶なら、早い段階で便秘を改善できるかもしれません。プーアール茶やマテ茶には、マグネシウムが沢山入っています。

また、食物繊維をメインに摂りたいなら、マテ茶や黒豆茶がおすすめです。

女性に人気のローズヒップティーやハイビスカスティーにも、豊富なビタミンCが含まれており便秘に効果的です。

これらのお茶をバランスよく飲めば、便秘の苦しみから抜け出しやすくなるでしょう。

しかし、お茶だからといって飲みすぎるとカフェインが便秘を悪化させる可能性もあるようです。カフェインには利用作用があります。過剰に摂取することで水分として排泄されてしまい、大腸に成分が届かなくなってしまうのです。すると、逆効果になりってしまいます。

過剰に飲みすぎるのは注意しましょう。例えば、食べ物でも食物繊維をとりながら、お茶も飲んでみる、ひとつにこだわらないで上手にお茶を取り入れるようにしましょう。