女性に多いといわれている便秘症。現代人が起こす体調不良の原因の一つだとも言われています。

症状は個人によっても違うと思いますが、私の母は、私よりもひどく10日くらいはお通じがきません。いつもおなかが張っている状態で色んなことを試してやっていました。

私も、3日位の便秘は良くあることで、毎日スッキリしたいと野菜を食べたりしています。しかし、なかなか改善されません。

便秘が続くとおなかが張って本当につらくて、そこで、薬局に行き薬を購入したと言う経験がある方も多いのではないでしょうか。

ところが、実は、薬でも改善されない人もたくさんいらっしゃいます。

便秘の薬を飲み始めた最初は良くても、段々薬の量が増え、何錠も飲んでも効き目が無くなってしまった人もいます。そこまで、薬に頼ってしまうとカラダのことが心配になります。薬はできるだけ飲まないで自然に改善していきたいですね。

便秘の原因は人によって様々な理由があり、解消するには自分がどの原因に当てはまるのかをきちんと把握しなければいけません。日本人に起こりがちな便秘の原因と解消法を見ていきましょう。

戦後からの主な原因は食物繊維不足

現代の日本人において便秘になる原因で圧倒的に多いのが、食物繊維の摂取量が足りてないという状況です。

高度経済成長によりあらゆる食べ物が溢れんばかりに流通している日本では、野菜を進んで取る人が戦後に比べて激減しています。

ダイエットや健康ブームが起きている今でも、野菜を主食とする人はごく僅か。そのため、便秘による体調不良を訴える人が増えてきたという訳です。

食物繊維は体に入ると腸内の悪いものを追い出したり、悪玉菌を抑えて善玉菌を増やしながらお通じの流れを作るという働きをします。

一日に必要とされる量ですが、成人男性は19g以上、成人女性は17g以上と言われていますが、実際の摂取量は13gと規定値に達していないのが現状です。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、2つを同時に摂取することで便秘改善が期待できると言われています。➾便秘解消に役立つ食べ物

運動不足でも便秘になりやすい

普段から体を動かすことを意識してないと、便秘になりやすい傾向があります。運動不足から来る弛緩性便秘は、筋力の低下が原因です。お腹の筋力が強い人はお通じもスムーズですが、筋力の弱い人は上手に排便が出来ず便秘になってしまいます。

特に肥満気味な人や妊娠中など体に無理が出来ないタイプの人は、弛緩性便秘になる確率が高くなります。普段から腹筋だけでも鍛えておくよう心がけることが、便秘解消へと繋がる第一歩です。

ウォーキングで体を慣らしストレッチやマッサージなど、腹筋運動をすると、より早く効果を感じることができるでしょう。➾手軽にできるストレッチやマーサージー方法

ストレス性の便秘は早めの対処が必要

食物繊維もきちんととっているし適度な運動もしているのに便秘が治らない、こんな人はストレスが原因かもしれません。

ストレスが原因で起こる便秘には、大きく分けて痙攣性便秘と過敏性腸症候群の2種類があります。どちらのタイプもそのままにしておくと重症化して完治が難しくなるので、早めの対処が必要です。

便秘と下痢を繰り返す症状に悩まされているなら、どちらかのタイプかもしれません。重症化すると腹痛を起こして通勤や通学、日常生活に支障が出る人もいます。便秘のタイプの中で最もやっかいなこの2つは、自力で治そうとせず医師の指示で完治を目指すことが大切です。

ストレスを溜めがちな現代社会ですが、便秘がストレスを悪化させる可能性もあります。原因をきちんと調べて、それに合った解消法をとっていきましょう。

以上の日本人に起こりやすい3つの便秘の原因は、ちょっとした心がけで簡単に予防することができます。ですが、毎日の食事に食物繊維を十分取り入れたり、適度な運動をして体を動かしたり、それらを実践しても解消できなかったという方もいらっしゃるかと思いますが、これって、体にも良いことなのであきらめないで継続して実践てほしいなと思うのです。

腸内環境を整えて善玉菌を増やす水溶性ケイ素サプリ

水溶性ケイ素ってご存知ですか?ケイ素とはカラダを構成する栄養素で必須ミネラルの一つです。このケイ素をイオン化して吸収率を高めたものを水溶性ケイ素といってサプリメントなどに使われています。

ケイ素は、根菜類の食物繊維に多く含まれており、ケイ素を摂取すると腸内環境を整えてくれます。悪玉菌の増殖を抑えて善玉菌を元気にする作用がある点が注目されています。

水溶性ケイ素サプリを徹底比較

コチラのサイトでは、水溶性ケイ素サプリを使って様々な症状を改善した事例を元にケイ素の効果や働きについて紹介しています。便秘を解消したい!腸内フローラを整えたい方は参考にしてはいかがでしょうか?